About us.

OPK Inter-Corporation Sdn. Bhd.

会社概要

OPKインターコーポレーションSdnBhd(OPK Inter-Corporation SdnBhd)はOPK株式会社奥田屋技研の子会社です。OPK株式会社奥田屋技研では大阪に置くプレミアのマテリアルハンドリング機器メーカーです。

1934年に創立されたOPK株式会社奥田屋技研は油圧式リフトシステムを専門としている。1964年に日本でハンドリフターの量産を開始した奥田技研は、2001年にISO9001と2004年にISO14000認証を取れた。さらに、日本とマレーシアの先進的製造設備に加え、日本、中国とマレーシアに販売拠点を設置しました。 70年以上の経験により、顧客は完全なマテリアルハンドリングソリューションを提供することが期待できます。

OPKインターコーポレーションSdnBhd(OPK Inter-Corporation SdnBhd)は、1994年10月22日に正式にマレーシアに登録されている、1996年に10名未満のスタッフで操業を開始しました。現在、私たちは60名以上高度に熟練したスタッフのチームが、海外および国内市場向けに、高品質のドラムハンドリング機器、リフトテーブル、スタッカー、パレットトラック、ハンドトロリー、昆虫トラップ(Mushipon)などを生産しています。私たちは、お客様に安全で効率的な職場を提供するとともに、時間とコストの節約に努めています。品質と環境へのコミットメントに沿ってOPK Inter-Corporation SdnBhdは2000年にISO 9002認証を取得し、2007年にISO 14001認証を取得し、2018年3月にISO 9001およびISO 14001バージョン2015に再認定しました。当社製品の最高レベルの品質と信頼性を保証します。

Marketing Arm

マーケティングアーム

OPKマーケティングサービスSdnBhd

1997年にOPK Inter-Corporation SdnBhdのマーケティング部門として設立され、国内市場でビジネスを展開しています。経験豊富なR&Dチームとともに、我々は有能なコンサルテーションとソリューションを提供します。具体的には、最も特殊化された要件を満たすさまざまな材料フロー手法を設計します。お客様により良いサービスを提供するために、中部および南部地域に支店が開設されました。 OPKマーケティングサービス[PJ] SdnBhd 2004年、OPKマーケティングサービス[Johor] SdnBhd 2005年。顧客の業務がスムーズに行われるように、私たちは効果的なメンテナンスチームがを持っており、常に販売後および品質維持管理の包括的なアフダーサービスを提供されています。

私たちの目的

「私たちの製品が人々に幸福をもたらすように」 私たちが最高のソリューション、最高品質の製品、および顧客への納品を提供することが当社の品質目標です。